覚醒と種族の計算式

LINEで送る
Pocket

覚醒については色んな噂が飛び交っています。
大手ギルド内では既に覚醒の効果は周知されており、大手に所属していなくても本気で検証している強者は多くいます。

ただ、それでもアヴァベル内全体で言えば正確な数値まで把握している人はごく僅かです。
覚醒機能が追加された当初、デマや間違った情報が横行していましたが、昨今きちんとした情報を掴んでいる人が増えました。それでも間違った認識者や知ったかでデマを流す人がいます。

そんな状態を見兼ね、ここで私の覚醒の検証結果を公開いたします

先ずは武具覚醒についての基本です。

武具覚醒に必要な条件
◆覚醒したい武具が★6以上かつ武具レベルMAXであること
◆必要な素材を所持していること
※ 素材は覚醒時に成功しても失敗しても消費されます。
※ 素材は「覚醒したい武具と同じ名前の武具」と「リフトストーン」と「オーブ」が基本
◆キャラクターのレベルが55以上であること
1013-2

覚醒が成功した時の制限
◆覚醒させた武具のレベルが1に戻り、武具強化の必要経験値が増加します
◆覚醒させた武具を更に覚醒する場合は、より多くの素材が必要になります
◆覚醒させるとユニーク化(そのキャラクターでしか装備ができなくなり、露店やメールといった取引ができなくなります)されます
◆覚醒できる回数は★6で1回、★7で2回と以降★の数が1増えるごとに覚醒できる回数も1回ずつ増えます
1013-3
【公式サイトで公開されている説明】
武具覚醒を行う装備の覚醒回数に応じて必要となる同名称装備の素材の進化レベルが変化します。
素材に必要となる進化レベルは以下の通りとなります。
1回目 ★6~★10
2回目 ★7~★10
3回目 ★8~★10
4回目 ★9~★10
5回目 ★10
(例)
ナイフ★8の1回目の覚醒を行う場合はナイフ★6~★10のいずれかを素材とする
ナイフ★8の3回目の覚醒を行う場合はナイフ★8~★10のいずれかを素材とする
ナイフ★10の3回目の覚醒を行う場合はナイフ★8~★10のいずれかを素材とする

例えば、Lv100用の短剣ブラッドクィーンをs+で覚醒する場合、以下の物が必要になります。
◆覚醒する武器 ブラッドクィーン★7以上 且つ 1度目の覚醒済み 武器レベルMax
◆覚醒の素材にする武器 ラッドクィーン★7以上 且つ 武器レベルMax (1億G以上)
◆リフトストーン100 を2つ(1.5億G以上 ×2)
◆力のオーブ★7 を7つ(300万G以上 ×7)

Lv100用の武具を覚醒する場合は、リフトストーン100を用意しないといけない為、とてつもないお金が必要です。
そして、ここまでお金をかけても恐ろしいことに覚醒が失敗する可能性があります。

覚醒の成功確率は体感値として
1回目 100%
2回目 80%
3回目 60%
4回目 40%
5回目 20%
と思っています。
確率なので計算で正確な数字を出せないですが、2回目が80%、3回目が60%というところまでは何度か覚醒していたら体感として出ます。
同じ数字を唱えている方もいますが、5回目の20%まで検証したわけではなく、私と同じように100%、80%、60%、、、それなら次は40%だろうという予測で出しているのでしょう。正直、4回目以降の覚醒は、成功が約束される覚醒結晶なしでは怖くて覚醒ができません。

※ 2016年に入ってから2回目以降の成功確率が、この記事を書いた当時より下がっている印象を受けます。

費用の面からカンストしていても装備武具をLv80用の武具に下げて、素材がリフトストーン80で済むように費用を圧縮しているプレイヤーも多いです。

また、オーブに関しては、力のオーブでSTR、防のオーブでVIT、敏のオーブでDEX、耐のオーブでMEN、体力のオーブでHP、精神のオーブでSP、賢のオーブでINTを+1することができます。

さて、ここまで費用をかけての覚醒のメリットとは何なんでしょうか?
例えば力のオーブを使えば、覚醒1回につきSTRが+1されるわけですが、それ以外にも右手武器ならダメ(ダメージ)6%upの裏補正を得ることができます。

ただ、この●%upの計算方法を勘違いされている方が多いので、説明しておきます。
例えば6%upするというのは、ATKやDEFの値が補正される訳ではありません。
また、計算時にATKやDEFに補正がかかる訳でもありません。
ダメージ計算後に補正されるのです。
単純に1000の与えるダメージなら、1060になるのです。
そして、武器を覚醒した場合は、6%以外にも小さなステータス上におまけが付きます。
一度武器を覚醒するごとにこっそりATKが+5されていることが確認取れると思います。

覚醒と種族だけを考えたら以下のような式です。
与ダメ=通常与ダメ ×(100%+自分の武器覚醒%)×(100%−相手の防具覚醒%)×(100%+自分の武器種族%)×(100%−相手の防具種族%)

例をあげると、
通常の与えるダメージが1000だった場合
自分の右手武器を2回覚醒し種族人をつけ、左手の武器は覚醒なしで種族人をつけ、相手の防具が帽子を覚醒2回、上半身を覚醒1回、帽子・上半身・下半身共に種族人がついていた場合は以下のようなダメージになります。

1000 ×(100%+10%)×(100%-6%)× 140% × 70% = 1000 × 110% × 94% × 140% × 70% = 1013

ATKやDEF値に補正ではなく、与えるダメージに補正というのがポイントです。

さてお待ちかねの%の値ですが、、、、その前に、検証の仕方をお伝えします。

まず、ダメージに用いる数値はクリティカルの数字です。
クリティカルの数字は通常ダメージと違って変動がないからです。
但し、同じスキルで検証することと連撃技で1発目と2発目でダメが変わるスキルは注意が必要です。
また、覚醒後は、覚醒前と違ってSTRやMENなどステータス補助が+1付きますので、検証に影響出る値が+1されていましたら装飾品等を使って増えた分を減らします。
次に注意すべき点として、メインタワーのモンスター相手に検証する場合は、同じモンスターでもLv19のモンスターもいればLv21のモンスターもいて、レレ2、3の幅があります。検証前と検証後で叩くモンスターが同じLvであるか確認することが大切です。
また、忘れがちですがログイン時間によるアチーブメントでステータスボーナスをないかを確認することも大切です。
アチブ、またクリやアコのスキルによってステータスが変動していたら、正確な数字を出すことができません。
それは、対人で検証する時は、相手のステータスも同じことが言えます。
覚醒前と覚醒後で全く同じ環境を作り出すことが大切になります。

さて、上記の状態での検証結果ですが、以下の数字になります。

右手 武器 1回の覚醒に付き与ダメ6%5%up(5回でmax25%up) ※2016年2月修正
左手 武器: 1回の覚醒に付き与ダメ3%1%up(5回でmax5%up) ※2016年2月修正
両手 武器: 1回の覚醒に付き与ダメ5% or 6%up(5回でmax25%up or 30%up) ※未検証です
左手 盾: 1回の覚醒に付き与ダメ1%up(5回でmax5%up) ※Twitterより情報提供♪
帽子: 1回の覚醒に付き被ダメ2%down(5回でmax10%down)
上半身: 1回の覚醒に付き被ダメ2%down(5回でmax10%down)
下半身: 1回の覚醒に付き被ダメ2%down(5回でmax10%dowm)

右手の方が上昇値が多いので覚醒回数が多い武器は必ず右手で持つようにしましょう。
また、片手武器2刀流の方が、両手武器よりも合計で%がupします。(それだけ武器2本なので費用も高くなりますが、、)

※ 私の未検証部分に関する正確なデータをお持ちの方はコメント頂けると幸いです。

さて、ここまできたら種族のパーセントも記載しておきましょう。
1013-4
実は、種族の一致した時のパーセンテージupは覚醒5回と数字が非常に似ています。

右手 武器: 種族一致で与ダメ30%up(種族不一致で与ダメ10%down)
左手 武器: 種族一致で与ダメ10%up(種族不一致でも影響なし)
両手 武器: 種族一致で与ダメ30%up(種族不一致で与ダメ10%down)
左手 盾: 種族一致で被ダメ5%down(種族不一致でも影響なし
帽子: 種族一致で被ダメ10%down(種族不一致でも影響なし
上半身: 種族一致で被ダメ10%down(種族不一致でも影響なし
下半身: 種族一致で被ダメ10%down(種族不一致でも影響なし

※ 両手武器については40%という説もありますが、私が検証した結果30%が正解でした。

※ 防具の種族不一致時を影響なしと記載してましたが、「影響はありで二刀流なら最大60%」とTwitter経由で情報提供がありましたので、打ち消し線を引きました。提供いただいた数字から考えると不一致時は、被ダメ5%upと回答を出すことができますが、私も検証にて影響なしと記載してますので、この場合考えられるのは「種族付き不一致」と「種族なし無種族」を別物ということでしょう。無種族の場合は影響なしで、種族付き不一致の場合は被ダメ5%up。では、モブはどっち?と新たな疑問が沸いてきたり、もう一つ「防具の種族の考え方も実際は全く違う」という指摘もありましたので、もしかしたら属性並みにパターンがある可能性が思い浮かびますので、いったん保留にしておきます。また、時間を見つけて検証します!(レビューいただけるのは助かりますm(__)m)

種族についても行うと武具がユニーク化され露店やメールといった取引ができなくなります。
1013-5

武器をフル覚醒・種族人付きの二刀流が、防具覚醒無し・種族不一致or無し相手に攻撃した場合、計算上85%ダメージがupすることになります。
1000のダメが1850になるのです。
これが、高い費用が必要になると分かっていても、武具に種族を付けたり武具覚醒したりする理由です。

間違った情報やデマが減ることを祈ります。

最後に、エモーションで遊んでみました。

覚醒高いエモーション

ではでは、また(^^)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す