攻塔戦、大会って何?ついでにWvWも

LINEで送る
Pocket

今回は、『攻塔戦』や『大会』、また『WvW』を知らない初心者向けの説明になります。
普段から第一線で戦っている方々にとっては、これから書くことは当たり前の内容と思います。

ただ、私自身は『攻塔戦』も『大会』も、また『WvW』も無縁のまったり社会人ギルドに所属しています。
まったりギルドに所属しているからこそ、見えてくるものもあります。

1年以上続く常に満員(50人)近くいるギルドですが、先日、ギルチャ(ギルドチャット)で「パテ組んで大会に出てくれませんか?」と私以外のギルドメンバーがチャットで投げかけると「大会?」「それは何ですか?」「いつやっているの?」「いいよ。どうすればいい?」など、大会について知ってるギルドメンバーはほとんどいませんでした。
また、攻塔戦もソロでも遊びでもよいので参加したことがあるメンバーはギルド内でも2割ほどで、攻塔戦がどんなものか実際知らない人も多いです。

このことからも、アヴァベルのユーザー全体で考えると『攻塔戦』や『大会』を楽しんでいるユーザーは一部のユーザーで、実は言葉だけ聞いたことがあるレベルや知らないユーザの方が多いことが分かります。
但し、イン時間やアヴァベルへの貢献という意味では、『パレートの法則』があてはまる思っています。
パレートの法則とは、全体の2割程度の高額所得者が社会全体の所得の約8割を占めるという法則です。
20%のユーザーや顧客が全体の80%を占めるという、マーケティングなどさまざまなところで使われています。
(まったりギルド所属とは言え、私も2割側のユーザーに入るでしょう(^-^;A)

さて、話が横道にそれてしまいましたが、本題に入りましょう。
先ず、以下は私のスクショ(スクリーンショット)です。
シュナ

そして今回、現在♥親子丼♥に所属の♚藍♔さんと、≫Tribal≪に所属のアマサクさん、お二方にスクショをお借りしてきました。
藍・アマサク

私のスクショと違いが分かりますでしょうか。
ギルド名の横と名前の横にマークがあります。
お二方とも3つのマークが付いていますが、3つマーク付いている方は稀です。

それでは、それぞれのマークについて説明していきましょう。

▼ 攻塔戦


塔
矢印付きで赤枠で囲っているマークが、その週の攻塔戦を制し、4つある塔の一つを所有している証になります。

さて、攻塔戦が何かご説明します。
攻塔戦は、毎週日曜日の20時~22時に行われます。
ギルドに所属していたら誰でも参加できます。

塔1

塔2

日曜日の20時~22時に攻塔戦受付人に話しかけますと、攻塔戦受付ルームに飛ばされ以下のように4つ塔から1つ選んで塔の中に入っていくことが可能です。

塔3

塔の右の書かれている名前は、塔を所有しているギルド名です。正確にいうとそれぞれ塔を同盟ギルド共に所有している為、3つのギルドで一つの塔を所有しています。
それでは、塔の中に入ってみましょう。

塔4

アレス塔に入ってみました。
塔の中の構造は、以下です。

第一層:門前 「扉を壊したら第二層に進むことができます。」
第二層:守護の間 「巨大なロボット型のガーディアンを倒すと第三層に進むことができます。」
第三層:広通の扉 「扉を壊したら第四層に進むことができます。」
第四層:封印牢 「ギルドガーディアン(ギルドが飼っているBOSSペット)を倒すと最終層に進むことができます。」
最終層:秘宝 「俗言うコア部屋。コアに最後の一発を当てて破壊した方の所属ギルドが次の塔の所有者になります。」

下の画像がコアです。
コア
最後の一発を当てたギルドが塔を所有できるという仕様から、大手と言われている恐ろしく強い塔所有常連ギルドでなくても、ラッキーパンチで無名ギルドが塔を所有するということが偶に起こります。
とてつもなく強いプレイヤーの方々が塔を防衛されていますが、脈石を手に入れる為に降臨に行っっているプレイヤーだったら、実は攻塔戦を楽しむことができます。
22時の時点で塔を所有していたギルドが一週間塔の所有者になるため、21時30分頃から攻塔戦に参加し、一番攻められている塔に狙いを定め、各層を隅の方で回復しつつやり過ごしコア部屋まで辿り着いたらコアのゲージが減ったタイミングでラッキーパンチを狙うという遊び方です。
21時55分頃に塔を取れたら、もしかしたら大手ギルドでなくても塔を1週間所有できるかもしれません。
上のコア前での私のスクショもソロでの参加で撮影してきたものです。
死んだところで攻塔戦受付ルームに飛ばされるだけでペナルティーもありません。

本来は、同盟ギルド含めギルドで作戦を立て、攻めたり防衛したりするのが醍醐味ですが、攻塔戦を行っていないギルドに所属しているからと言って攻塔戦を一度も経験しないのは勿体ない気がします。
攻塔戦を参加していないギルドでも、降臨で脈石集めができるぐらいでしたら、コア部屋までソロでも辿り着けると思いますので、一度ご経験してみると良いと思います。

また、塔の基本構造は変わりませんが、内部で少しずつ違っています。
4つの塔を公式Twitterを使って紹介します。

【アレス塔】

【バリスト塔】

【ケイブル塔】

【ダイン塔】

また、塔を所有すると大きなメリットがあります。

【塔の仕様】

①塔の狩り場ではドロップ率2倍
②塔の狩り場では経験値2倍
③塔の狩り場では敵の数が2倍
④塔の狩り場では敵の強さが2倍
⑤塔の狩り場ではボスが直ぐ(5秒)にリポップ(復活)する。
⑥塔の狩り場への転送の度にDPを消費する
⑦一日一回宝箱からアイテムが手に入る
⑧塔内はチャンネルが1chに固定
⑨塔所有中はギルド名の右横に塔のマークが付く
⑩塔の所有期限は1週間(次の攻塔戦まで)で、次の攻塔戦は防衛から始まる。

『⑤塔の狩り場ではボスが直ぐ(5秒)にリポップ(復活)する。』が一番大きなメリットと思います。
通常のメインタワーではボスのリポップは15分です。通常のメインタワーでボス狩りを行う場合、chを変えつつ他のプレイヤーに狩られていないボスを探し回りますが、塔内ではボスのリポップが5秒ですので、倒す度に復活し、ボスを狩り続けることができるということです。

ただ、一通り説明をしましたが、それでもいきなり参加は怖いという方の為に動画を貼っておきます。
古い動画になりますので、一部仕様が変わっていますが、それでも参考になると思います。
「攻塔戦の攻めてる時」と「防衛している時」と「所有時」の3種類の動画を貼りました。

【攻塔戦 – 攻める】

【攻塔戦 – 防衛】

【塔所有時 – 塔の中と狩り場】

▼ 大会


次に、俗に大会と言われている、『オフィシャルトーナメント』『オフィシャルGvG大会』について説明します。

アマサク

赤色の枠がオフィシャルGvG大会のメダルで、緑色の枠がオフィシャルトーナメントのメダルです。
そして、赤色の枠のメダルの色が金色であることが分かりますでしょうか。
これは優勝した時のメダルの色です。

例えば、アマサクさんのマークで言うと、前回の攻塔戦で塔を取り(防衛し)、前回のオフィシャルGvG大会で優勝し、前回のオフィシャルトーナメントで入賞していることを表しています。どれも次回の攻塔戦や大会までメダルが付いています。
次回の大会で入賞できなければ勿論メダルは消え、別の方にメダルが付きます。
両大会とも8位までがメダルを貰えます

さて、大会は【闘技場案内人】から【大会運営委員リオ】に話しかけることで参加ができます。

大会1

大会は隔週ペースで行われています。

前回(2016年2月)のオフィシャルトーナメントの日程は以下でした。
 エントリー期間:2016/2/22(月)~2016/2/25(木)
 予選バトル期間:2016/2/24(水)~2016/2/25(木)
 本戦バトル期間:2016/2/26(金)~2016/2/27(土)

大会2

大会3

大会4

そして、3月度のオフィシャルトーナメントの日程を確認したら以下でした。
 エントリー期間:2016/3/7(月)~2016/3/10(木)
 予選バトル期間:2016/3/9(水)~2016/3/10(木)
 本戦バトル期間:2016/3/11(金)~2016/3/12(土)

参加する場合、本戦まで進むと水曜日~土曜日の計4日間の19時~22時にインしないといけないので、リアルの予定を調整しにくい方にとってはハードルが高いイベントです。
オフィシャルトーナメントは、6人(1人でも可)チームで戦う全ポイント制のシステムです。

簡単に参加の仕方をお伝えしておきます。
大会運営委員リオに話しかけた画面で、基本的には作業を全部行います。

【事前準備】
1.事前に組むチームメンバーを決めておく
【準備操作(大会運営委員リオ)】
1.エントリーする
2.自分でチーム募集をかけるか、チーム予定メンバーにチーム募集をかけてもらう
  ([チームを探す]ボタンや[募集/加入]ボタンから行えます)
3.チームを組む
【予選バトル(大会運営委員リオ)】
1.参戦ボタンを押してバトルに参加する
2.キルを取りポイントを稼ぐ
3.チームのポイント合計で上位32チームに入れたら本戦に進む
注意)参戦ボタンを押すタイミングが一番の大事で、参戦ボタンを押すと同じタイミングで参戦ボタンを押した方々と同じ部屋でのバトルになります。
 チームメンバーがバラバラに参戦ボタンを押すと、別々の部屋になってしまいます。
 同じ部屋でチーム一丸となってバトルする為には、マッチングを行った後6人同タイミングで参戦ボタンを押す必要があります。
 敢えて、タイミングを外し3人チームで2つに分けているところもあります。

文字で書くとややこしいので、浦原あやのさんがスクショ付きで説明してくれています。
説明されているブログ記事は ⇒ http://ameblo.jp/masayafujii1580/theme-10089245240.html

こちらに関しては、予選でさえフラっと私が参加して楽しめるものではありませんでした。
アヴァベル内の上位プレイヤーたちが職業などの組み合わせも考え、6人で構成チームを組んで参加してきます。
楽しめるレベルになるためには高いハードルがありますが、凹むかもしれませんが参加して上位プレイヤーとの差を知るには良い場所かもしれません。。。

また、オフィシャルGvG大会はチームではなくギルド同士のバトルになり、どこのギルドが一番強いかを決める戦いです。
但し、ギルドメンバー50人が参加できるのではなく、15人の選抜戦になります。
オフィシャルGvG大会も大会運営委員リオに話しかけて、日程が確認できます。
予選ではオフィシャルトーナメントと同じようにポイント制で上位32ギルドを決め、本戦はスケジュールが自動で組まれ決まった時間に対戦ギルドとバトルすることになります。

大会は観戦もできますので、強者から学ぶ為に観戦するのも良いかもしれません。

▼ WvW


WvW(ワールドvsワールド)とは、の3つのチームに分かれて、それぞれの陣地を占領し、敵チームのコアを狙い、24時間行われ1週間繰り広げられる大規模対戦(10000人対戦)です。

「WvW受付人」に話しかけることでだれでも参加可能ですが、日本だけでなく世界中のユーザーが参加する為、日本サーバでは行えないのでWvWマップでは自分のキャラクターのコピーを操作することになります。
キャラクターをコピーするときに回復薬が持ち込めません。クリスタルを集めWvWマップ内で買えます。

wvw

何かを目指して進むのではなく陣取りゲームということを頭に入れておくと理解が早いと思いますが、それでも慣れるまでは分からないことも多いと思いますし、マップ内で迷子になることも多々あると思います。
一人でも多くの迷子者が減ることを願ってゆうううーさんがWvWの地図を作ってますので、載せておきます。

wvw地図

また、古い動画になりますが、いきなり参加することに抵抗がある方の為に、WvWの動画を貼っておきます。

▼ 突発的な大会


運営が企画する突発的なイベントや大会があります。
最近ですと2016年2月27日(土) 20時にGMイベント「魔石争奪!フリーデスマッチ」がありました。

どんなイベント

参加者上限なしのフリーデスマッチ形式のPvP戦闘を行い、最後まで生き残った方が優勝となるバトルロイヤルです。
各職業別での1位も表彰されます。
詳しくは → http://avabel.jp/information/detail/?information_id=2751

こういったイベントが、たまに行われます。
私は個人戦でのPvP大会の方がリアルの都合で参加できなくなっても誰にも迷惑をかけないので好きです。

さて、ここまで『攻塔戦』や『大会』、『WvW』の説明をしてきました。
普段、メインタワーやクエスト、ラッシュ、たまに部屋での交流戦やチムデス、無制限でのタイマンだけをまったり楽しんでいましたら、これらの情報はなかなか入ってこないように感じます。
実際、私がギルド内ではこれらの情報は全く入ってきません。
攻塔戦などの常連ギルドの方々からは考え難いことかもしれませんが、びっくりするぐらいガチの対人戦を楽しむシステムの情報が入ってこなければ、詳しい方もほとんどいないのです。

『攻塔戦』や『大会』、『WvW』など今まで知らなかった方は、こういった対人戦に特化したシステムを一度は経験してみるのもよいかと思っています。
どれも死んだところでペナルティーはありません。
ただ、強いプレイヤーが多い場所ではありますので、初心者が参加したら凹むかもしれませんが、そういったシステムがあることを知らないよりは知っていた方が良いと思います。

さすが、攻塔戦と大会とWvWを一つの記事に書いたら長くなってしまいました(^-^;A
すみません。。。

ではでは、また(^^)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す